社会保険労務士の講座を徹底解剖!これであなたも合格できる

どういった講座を受講すれば良いのか?

<合格できる講座>

まずは、どういった講座があるのか、確認していきます。
講座の種類は大きく分けて2つあり、「通信講座」と「通学講座」になります。
その中で、基礎講座、過去問講座、DVD講座などに分類されますが、それらは、学校によって内容がかわってしまいますので、まずは「通信講座」か「通学講座」を選ぶ事からはじめます。

それでは、その2つについて解説していきます。
通信講座とは、受講する事により、教材が送られて、勉強法の指導や質問受付をすることが出来ます。
主に仕事が忙しく、勉強時間があまり取れない社会人や子供の育児や家事に忙しい主婦などが受講しております。
一方、通学講座は、資格学校に通学して、講義を聞きながら、講師の直接指導のもと、勉強して行きます。
一般的には、一番合格しやすい勉強と言われ、短期間で効率よく勉強していく事ができます。

詳しくは後述しますが、ここでは時間がない方が効率よく勉強するための通信講座、時間とお金がかかるが、その分合格できる確率が高まるのが通学講座と覚えておいて下さい。

では、社会保険労務士に挑戦するには、どちらが良いかということになります。
結論から言えば、通信講座でも通学講座でも合格することは可能です。

しかし気をつけなければいけないのが、学校選びです。
通信講座にせよ、通学講座にせよ良い学校にめぐり合わなければ、どんなに本人が努力しても合格できない可能性があります。
ですが、多くの方はこの学校選びについて勘違いをしています。
「歴史が古いから、長年積み重ねたノウハウがある」、「有名な学校だから安心」といった具合に何の具体性も根拠もない中で選んでしまっているのです。
それでは、良い学校にめぐり合えるはずもありません。
大切なのは講座の中身です。
通信講座なら教材、通学講座ならカリキュラム、講師の質です。

まずは、通信講座を選ぶにせよ、通学講座を選ぶにせよ、良い学校の本質を理解しなければなりません。
このサイトでは、そうした事を誰でも見極められるように情報を惜しみなく、解説しております。
そちらも是非、ご参照下さい。

次のページへ >>