社会保険労務士の講座を徹底解剖!これであなたも合格できる

社会保険労務士の通信講座を選ぶ際のコツ!

<合格できる通信講座の選び方>

社会保険労務士の通信講座を受講するにあたり、選ぶコツを解説してきます。
もちろん、受講しなくても見極められる簡単なポイントです。
それは、ホームページで確認できますし、それではわかりにくければ、無料の資料請求をすれば、確実にわかることです。
余計なキャチコピーに惑わされることがなく、以下のような基本的なポイントに当てはまれば、通信講座で失敗することはありません。
是非参考にして下さい。

●講義メディアはCD・DVDを用意しているか?
●DVD講義は、ハイビジョン撮影しているか?
●テキストはわかりやすく、図表化されているか?
●テキストは、フルカラーになっているか?
●テキストはB5サイズになっているか?
●パソコンで学習できるようになっているか?
●携帯で学習できるようになっているか?


上記の7つ全て網羅しているのが良い通信講座の条件と言えます。
また、7つ以外にも質問受付の対応とか、試験情報の提供だとかたくさんありますが、それは当たり前のことですので、ポイントには入れていません。
もっと言えば、7つのポイントをきちんとしている通信講座は、そのようなことは言うまでもなく出来上がっています。

それでは早速、ポイントの解説をしていきます。
まず、講義メディアについてですが、CDとDVD講義の2つを用意しなくてはいけません。
CDは外出先で、DVDは自宅で視聴するようにするのです。
だったら、CDだけでもいいんじゃないかと疑問に思うひとがいるかもしれませんが、DVDは必ず用意して下さい。
どちらかと言うとDVD講義の方が大切です。
なぜなら、DVDは講師と目線を合わせながら聞くことができるので、音声だけのCDに比べ、講義に迫力が出て効率よく学習することが出来るのです。

それとDVD講義に欠かせないのがハイビジョン撮影していることです
DVD講義に一番必要なのは、その場で講義を受講しているかのような感覚です。

そのためには専用のスタジオでハイビジョン撮影してなくてはいけません。
カメラも1台だけではなく、様々な角度から撮るために3台は必要です。
そうすることで、講義全体に臨場感がでて、講師とマンツーマンの勉強をしているかのような感覚になります。
また、できれば電子黒板を使っていると良いでしょう!
通常の黒板なら、板書の音が気になり、書くのに時間もかかり見ていてストレスがたまります。

次はテキストについてです。
テキストは、わかりやすくなくてはいけませんので、文字だけではなく、図表を随所に加えながら、説明しているものがベストです。
文字中心のテキストは、読んでいると直ぐに飽きてしまい、勉強するモチベーションが上がってきません。
また、出来るだけフルカラーになっているテキストを用意する必要があります。
フルカラーになっていれば、脳に刺激を与え、勉強したことが記憶しやすくなります。
ですが、多くの通信講座は、コストなどの問題でほとんど取り入れていません。
私の知っている限りフォーサイトだけではないでしょうか!

最後は、勉強を飽きさせないためにパソコンや携帯でのインターネット学習システムを取り入れていることです。

人間は単純な行動を嫌う生き物ですので、毎日同じような勉強だけでは、長続きせず、挫折の原因にもなります。
それを回避するために、DVD、CD、テキスト、問題集だけではなく、パソコンや携帯を使い学習のバリエーションを増やすのです。
そうすることにより楽しく学習できる事はもとより、どんな状況でも勉強しやすくなり、時間を効率的に使う事ができます。

次のページへ >>