社会保険労務士の講座を徹底解剖!これであなたも合格できる

社会保険労務士の通学講座

<通学講座について>

社会保険労務士は、難易度の高い試験になりますから、通学講座も検討材料の一つになると思います。
通学講座は、時間とお金がかかる一方で、その分合格率を高める事が出来ると言うのは、すでに説明致しました。

では、通学講座は、万能なのかと言われれば決してそんなことはありません。
特に社会保険労務士のような資格学校だと致命的な欠点があります。
その一つが都心でしか、開講されていないことです。

どうしても、学校を運営するとなれば、その分賃料がかかってしまい、受講料を高くせざるを得ません。
そのため、都心にばかりに生徒が集中し、不景気な地方でなかなか資格学校のような高額な受講料を払える生徒が少なく、学校自体があっても講師自体がいないので、ビデオ講義がほとんどです。
そうなってくれば資格学校に高いお金をだして、受講する意味がなくなります。
しかも、資格学校では、ハイビジョン撮影のような映像に関するノウハウは持ち合わせていませんので、ビデオ講義だと通常の講義をデジタルカメラで撮影しているだけなので、迫力に欠けてします。
ですから、都心に通学できない人は、対象外となるのです。

もう一つが、良い学校を見極められないということです。
良い学校を知る上での重要なポイントは、講師の質とカリキュラムです。
講師の質は、無料体験で確認する事ができますが、カリキュラムの善し悪しは初学者には判断できないのです。
と言うよりも社会保険労務士に合格した私でもカリキュラムの判断はできません。
それは、プロの講師でなければわからないと思います。

もし良い学校を見つけたいと思えば、評判に頼るしかありません。
しかし、評判と言っても良いという人もいれば、そうでないと言う人もいます。
それにどんなに優れた資格学校だったとしても、合格者よりも、不合格者のほうが多いわけですから、評判がよいからといって自分に合うとも限りません。

この2点が資格学校のデメリットになるのです。
そのほかにも時間に拘束されるので、忙しい方だと通学することはできませんし、受講料も高くなるので、経済的な負担も大きくなります。

次のページへ >>