社会保険労務士の講座を徹底解剖!これであなたも合格できる

社会保険労務士の勉強は、無理なく楽しく!

<合格するための勉強法>

社会保険労務士の勉強で挫折する方が多くいます。
それはなぜでしょうか?
私が思う一番の原因は、無理な勉強をしていることが原因だと思います。

例えば、分厚い無味乾燥なテキストを何度も読む、実戦形式の過去問をはじめの段階から解くなど、様々な要素が考えられます。
それでは、難解な法律の試験である社会保険労務士の勉強を続けていくことは困難になります。

勉強していく上で、大切なのは現在のレベルに合わせることです。
はじめは、基礎知識を固めるためにテキストだけでは理解できないので、わかりやすく解説してくれるDVD講義を利用する
いきなり全てを覚えようとしないで、まずは全体像を把握する。
次に細かな項目を理解しながら、勉強していく。
一通り納得でできれば、簡単な基礎問題を解いていって、どこまで理解できているか確認する。次に過去問をはじめる。
といったように現在の段階に合わせながら勉強する必要があるのです。
そうすることにより、無理なく勉強できるので確実に力をつけていくことが出来ます。

無理な勉強をするということは、難しい勉強をするということです。
もっといえば難しい勉強をすることで、勉強がわからなくなり、楽しくなくなるのです。
楽しくなければ勉強が苦になり、続ける事ができません。
逆に言えば楽しければ嫌な勉強を続けていけるのです。
レベルに合わせた勉強と言うのは、そういった意味もあります。
つまり、勉強を楽しくなる方法を模索する事です。

その方法は、何もレベルに合わせた勉強だけではありません。
従来のようなテキストだけの勉強では、理解する事は困難ですが、DVD講義も使うことにより、法律がわかりやすく楽しい勉強していけます。
また、普段慣れ親しんでいるパソコンや携帯電話をつかった学習をすることで、楽しみながら勉強をすることが出来ます。
このように勉強が楽しくなる方法が色々あると思います。

ここは、社会保険労務士に合格する上でとても重要な意味を持ちますので、しっかりと理解してください。

次のページへ >>